​​内視鏡検査

​​内視鏡検査を受けられる方へ

  • 内視鏡検査は、午前中が上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、午後から下部消化管(大腸)内視鏡検査になります。

  • 上部消化管内視鏡検査は、午前9時より30分刻みで11時30分までに予約制にて承っております。検査自体は概ね5分以内に終わります。

  • その日での飛び込み検査も可能ですが予約の方が優先ですのでお待ちいただくことがあります。電話予約も可能です。

  • 持病のある方、特に高血圧、心臓、腎臓に持病のお持ちの方、中等症以上の糖尿病の方は予約時お申し出ください。

  • 受診の際は、今服用されているお薬の内容が分かるようにお願い致します。

  • また、抜歯の時の麻酔でショックを起こした経験のある方、出血傾向のある方、血の止まりにくくなるお薬を内服している方は必ず申し出てください。

  • ​鼻からの内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)をメインに行っております。経口内視鏡で起きやすい嘔吐反射は少なくその点は楽ですが、場合によって鼻血が生じる方もいらっしゃいます。

  • 口からの内視鏡ご希望の場合も、細径内視鏡を使用しますので比較的楽です。鎮痙剤、鎮静剤などは使用しません。万が一それらの薬剤を使用した場合検査当日24時間は運転できなくなりますので、ご自身の運転での来院はご遠慮下さい。

  • 下部消化管内視鏡検査は、特殊な下剤を服用しないとできないため予約制です。ただし緊急の場合は当日でも施行することもあります。

  • 下部消化管内視鏡検査でポリープが発見された場合、ご希望により切除しますが、術後行動制限(運動・食事制限、自転車・車乗車制限など)があります。

  • ​抗凝固療法(血液さらさら、血が止まりにくくなる治療法)を受けている方はポリープは切除できませんので初回の受診時に申し出てください。

  • 必要に応じて内視鏡検査時生検を行い確定診断を行います。